115.  『初めてのおつかい』    

6
12

老婆は、初めて銀行の窓口以外でお金を下そうとしている。

通帳と印鑑さえ持っていけば、窓口で親切丁寧に今まで下してくれたのだが、昨今のIT・AI化により、今月からどうしてもATMで下さなければならない。

息子はインターネットバンキング経由で母親の口座に入金すると言ってきたが、そもそも入金されても結局、窓口に行かなければならないし、足腰も痛いし、まずもって窓口職員がいない。

厳密に言うとAIが対応してくれるのだが、AIにしゃべりかけても私のもごもごした言葉に反応してくれない。

勇気を出して、初めてATMブースに入る。

ドキドキする。♥♥♥

初めてのあの時、亡き夫とのデート、夫と息子と3人で湖で遊んだこと、私の生まれた時間……〇〇時〇〇分……暗証番号を自然と押していて、お金じゃなく手紙が出てきた。

ATMの引き出し口がゆっくりと開き、天国から愛する夫のラブレターが配達されて来た。
青春
公開:19/02/16 11:18
更新:19/06/15 20:11

ゆっち( 北海道 )

星新一さんを尊敬しています。ショートショートが大好きな気持ちは永遠です。
 

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容