8
5

まん丸の赤い目が2つ、ビー玉の中から私を見つめている。
祖母が部屋を片付けるのを手伝っていると、古い小箱が押し入れの奥から出てきた。

「まぁ!これ、お婆ちゃんの子供の頃の宝箱よ!」

祖母は箱を撫でるようにして埃を払い、蓋を開けた。中には沢山のビー玉が入っていた。少々歪なものが多いようだ。

「昔は今みたいに綺麗なビー玉ばかりじゃなくて、こんな風に凸凹しているものや、気泡の目立つものも多かったの。不格好だけどそこが可愛らしくてねぇ、お婆ちゃんは大好きだったのよ。」

祖母の話を聞きながら、なんとなくビー玉を1つ手に取ると、何かと目が合った。兎だ…。ビー玉の中に可愛い兎がいる!目を丸くして驚いていると、祖母もビー玉を覗き込んでこう言った。

「昔のビー玉の凸凹って、月のクレーターみたいでしょ?だから、時々うさぎが月と勘違いしてビー玉に棲みつくって聞いた事があるわ。本当だったのねぇ。」
その他
公開:23/09/29 19:18
#中秋の名月 #兎がぴょーん

ネモフィラ(花笑みの旅人)( 気の向くまま )

いつもご訪問ありがとうございます!
元:ネモフィラは咲うです。大原さやかさんのラジオ「月の音色」では、ペンネーム:花笑みの旅人として投稿しております。

物語を読んでくださったうちのどなたか一人にでも笑顔になってもらえたら嬉しいなぁ…くらいの感覚で書いてみることにしてみました。
日常と街灯をこよなく愛し、現在十分な睡眠を必要としている気まぐれな旅人です笑

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容