No.51 軌道修正装置マザース

4
10

子の行く末を案じる母は『軌道修正装置マザース』に乗って娘の記憶の始まりへと旅立つ。その装置は子の成長を遡り、不幸な人生を送る事の無いよう軌道修正していく究極の過保護マシーンだ。

時空の歪みを超え、ブラックホールを通り、超光速でマシーンは瞬間移動したり、スローモーション移動したりを繰り返す。

「やっと娘の胎児だった時に遡ったわ」母は愛娘が写ったエコー写真を握り締めホッとする。

まずは重たい病気を抱えないよう細工を施す。次に幼稚園でのブランコ遊びで怪我をしないよう鎖を頑丈にする。

「小学6年の時、娘はプールで溺れて亡くなった。急がなければ」
マシーンのギアを自動モードからトップモードへ手動で切り替える。しかし手動操作を間違えたことに気づく母親。

「迷っちゃったわ」

方向音痴だった母は別の子の人生に迷い込む。愛娘の人生は・・。今でも私は生きている。母は私の親友の人生に不時着していた。
SF
公開:19/01/17 22:21
更新:19/01/17 23:18
必ず最後に母の愛は勝つ!

ゆっち( 北海道 )

星新一さんを尊敬しています。ショートショートが大好きな気持ちは永遠です。
 

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容