116. 『おこづかい』

6
8

定年間近の父親は真剣に住宅ローン残と家計費、子2人の教育費、自宅光熱水費等を積算し後2年の猶予の間どう身を振る舞うか悩んでいる。

「明日PTAの役員会だから下の子、お願いネ」妻は軽く頼んでくる。役員会は飲み会と知りつつ息抜きの場としての思いを重く受け止める。

ちゃっちゃと夕食をチンし娘に食べさせ今後の身の振る舞いを又熟慮する。司法書士は難しい。土地家屋調査士も難しい。宅建士、行政書士はどうだろう…

公務員として42年市民の為我慢してきた成果である我慢料(退職金)を分割させ先程の試算に基づき資格取得等経費にいくら使えるか…PC計算➡2万円に愕然。翌日特急代金1万円出費、試験費用及び昼食代2千円、残額8千円。新生活はいかに!

2年経過…正月息子と娘に泣く無くお年玉袋として4千円づつ渡す。子供は引くが私はその袋を懸命に抑えた。私の大事なお小遣いが…

「バイトするよ」娘は高校へ上がった。
その他
公開:19/02/16 16:08
更新:19/06/15 20:12

ゆっち( 北海道 )

星新一さんを尊敬しています。ショートショート大好きです!『素数』(例えば2、3、5、7、11、13……)は、1と自分自身の数字でしか割り切れません。そんな素数の割り切れない気持ちと自分(私)の割り切れないやりきれない気持ちをすり合わせた日常を送っています。素数は無数に存在することから、連続性や永遠性をいつも妄想しています!

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容