愛を誓う

0
11

彼女を初めてみたのは、学校の屋上だった。
裸足で足をぶらぶらさせて、彼女は青い空を見上げていた。

後から知ったけれど、あれは同級生にびしょ濡れにされた上履きを乾かしていたのだった。


その彼女は今僕の隣にいる。
長い睫毛、尖った唇、頭には黄色い花冠を載せて、ぽろぽろと陽の光をこぼしている。

家の裏庭で式を挙げたい、と言ったのは彼女だった。
庭といっても彼女の家は森の中。
ギャラリーには多くの動物達が集まって、昼間なのに梟もいた。


いつも不思議ではあった。
彼女を遠巻きにするクラスメイト。
通りすがりの大人達はひそひそと声を潜めた。
転校生だった僕には分かる由もなかったが、彼女の携える孤独と凛とした姿は堪らなく魅力的だった。



「汝は、彼を愛すと誓いますか?」

誓います、と答えた彼女の視線は神父にも僕にもなかった。
ザワザワザワ。
拍手するかのように森に風が吹き抜けた。
ミステリー・推理
公開:18/08/10 23:11
更新:18/08/10 23:19

とろもち( Tokyo )

何をやってものろいけど、創作はちょっとだけ速い。のろのろとろとろ、いつも自分探し。好奇心ばかりで忍耐も継続力もない私だけど、ショートショート創作は大好きかもしれない。noteにショートショート作品を載せています。実際の人物をモデルにした作品を書いています。ツイッターもやってマス。&ココナラで創作依頼も受け付けておりマス。

https://note.mu/toufucoro

https://twitter/toufucoromochi

https://coconala.com/smartphone/users/954369

コメントはありません

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容