水澤『超特殊』診療所

2
153

ビルの間、隠れる様に戸建の診療所が一軒。そこは看板もなく、一見さんお断りという特殊な医院だ。
「予約した平野です」
今日の患者は、20代の女性だ。
「水澤です、よろしく」
「先生は変わった患者さんばかり診ているとか」
「変わったと言うと語弊がありますが…」
「前に診て貰ったから聞いています。先生なら、私のコレを見ても驚きませんよね、きっと」
すると、彼女は何の躊躇いもなく服を脱ぎ捨てた。
「!」
何と、露わになったその裸体の胸から下腹部にかけて、巨大なカマキリが張り付いていた。
「1ヶ月程前から、突然皮膚が腫れたと思ったらこれが」
彼はむぅと唸った後、暫し考え込む。
「もしや、関係をもった男性を殺したい程憎んでいません?」
彼女は無言のまま俯く。
「カマキリは交尾の後、雄を喰い殺すと言う…それは、貴女の心が表面化したもの。相手を許す気持ちを持てば、すぐにそれは消えてなくなりますよ」
その他
公開:18/04/10 12:30

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容