りすくんはもりのうえきやさん

8
5

りすくんはとってもわすれんぼう。いつも木の実をうめては、どこにうめたかをわすれてしまいます。
「せっかくあとでたべようとおもったのに」
りすくんはくやしがります。そしておなかをなでます。もうおなかがぺこぺこなのです。
そんなある日、やっぱりなにもたべられないでいたときでした。ともだちのりす子ちゃんがやってきて言いました。
「りすくん、ありがとう!りすくんのおかげで、こうえんはみどりいっぱいよ!」
そういうのでりすくんが見上げますと、ほんとうに、公園中がみどりいっぱいになっていました。すこしまえは、みどりがなくて、住むところにもこまっていたのに。
「ねえ、りすくん。これ、あげる」
りす子ちゃんがくれたのは、いっぱいの木の実でした。りすくんはうれしくて、ちょっと泣いてしまいました。それからほかのともだちもよんで、みんなでなかよく、ピクニックをしたのでした。
公開:22/03/05 11:15

さがやま なつき

今までは文章や物語全般の訓練。ここから童話作家への道、始動です!

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容