4
2

博士、今日もお疲れのようですが、夜はしっかりお休みになられてますか?ーーえ?眠るといういちいち面倒な行為をしなくてもよくなった?それはまた……この発明品で?博士ってば、また思い付きで怪しげなものをーーえ?いいから寝てみろ?結局寝るんですか?ああ、目をつむれと。はいはい、僕は実験台ですね。 
「あ、あれ?博士、僕……え、眠っていた?そりゃまたどうして?え、ふぅりんのおかげ?なんですか、それーーああ、これですか。いたって普通の風鈴で……でっ!なにするんですか?デコピン?そりゃ知ってますよ!そうじゃなくて、ーーああ、もう! 

いつもこうだった。助手のF君はいつも博士に振り回されて、疲れがピークに達していた。それをとっぱらってくれたのがどうやら新しい発明品、その名も「ふぅりん」。使い方は簡単。ため息でふぅりんを鳴らすだけ。これで助手君の疲れもたちどころにーー
(なぜ僕が博士に助けられなきゃ……)
その他
公開:21/08/15 19:47

さがやま なつき

今までは文章や物語全般の訓練。ここから童話作家への道、始動です!

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容