4
3

正直な話、我が家は父と祖父が建てた。理由は、まあ、各々で考えてほしいところだが、とにかく、私はそんな家に住んでいた。普通、家を建てるときや物を配置するときは、風水なんかを気にする。皆がそうではないだろうけど。ところがじいちゃんはそんなことは気にしなかった。だけど、謎にこだわりを積めているらしかった。
「この家はなあ、いい家だぞ」 
「どう、いい家なの?」 
聞くと、しっ、と人差し指を口に当てられた。 
「これでよし」 
テレビ台に、小さな家のオブジェが二つ、並んで配置された。金色の屋根の、北欧風の家。銀色の屋根の、平屋の日本家屋。 
「ねえ、じいちゃん。それなあに……あっ」 
突然現れ、オブジェの家に入っていく女の子。赤い着物に黄色い帯のその子は、金色の屋根の北欧風の家に入っていった。 
「これで、新生活スタートじゃ」  
それは、座敷わらしの家だった。
公開:21/08/07 16:49

さがやま なつき

今までは文章や物語全般の訓練。ここから童話作家への道、始動です!

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容