昆虫採集アプリ

4
3

「今日は昆虫採集をするからね。邪魔しないでね!」 
 冬也が嬉しそうに言う。私は「ハイハイ」と返事をしつつ、向かいの主人と目配せする。 
(はあ……) 
昔は昆虫採集というと、森や林に行くものだった。それが今はどうだ。簡単に昆虫採集ができるというアプリ、つまりゲームがあるらしいではないか。おかげでうちの子は毎日ゲーム三昧。友達も呼ぶからお菓子食べ放題。さらには採集した虫は死なないから、いっこうに命の大切さを学ばない。ほんと、いいことなんてない。
そんなある日、ゲーム開発をしている夫が、「冬也のこと、まかせとけ」と言って会社に行った。帰って来たときには、なんと昆虫採集の新しいディスクを持っていた。早速一緒に遊ぶ二人。 

気が付くと、私はソファーに横になっていた。 
「あれ?私……」 
「ママ、ごめんなさい」 
 顔を出す冬也。その手に持っていたのは、カブトムシの死骸だった。
その他
公開:21/07/28 13:55

若葉もゆ

感動を与える話、笑える話、いろいろ書けるようになりたいです。語彙力もつけたい。 
よろしくお願いします。

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容