ショートショートTシャツ

14
8

博士が研究室に入ると助手が溜息をついた。
「どうした?」
「最近、カノジョと倦怠期で」
「では、これを進呈しよう」
「何ですか…Tシャツ?」
「ただのTシャツではない。その名もショートショートTシャツだ」
Tシャツの前には16個の枡目が印刷されていた。博士がそれを助手に着せると枡目に『博士は実はポンコツロボットです。』という文字が浮き上がった。
「何だと!」
博士が叫ぶと頭から煙をあげて倒れた。
「現実になった!」
「と、いうわけだ。これで彼女との倦怠期も興奮に変わることだろう」

デートを終えた助手が帰って来たが疲れ果てた表情。
「どうした?」
「カノジョと逢った途端にTシャツに『彼女は実はスパイだったのである。』と表示されて、それからは変な男達に追われて大変でした」
「スリリングすぎたか」
助手のTシャツに文字が浮かぶ。
『博士は実は超ポンコツロボだった。』
博士が煙をあげて卒倒した。
SF
公開:20/10/04 10:11
更新:20/10/04 10:13
Tシャツ ショートショート

蟲乃森みどり( 太陽から三個目の石 )



空想と妄想が趣味です。
https://twitter.com/MUSHINO_MORI

 

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容