ゆカリーライス

10
8

「緑川さん、今日残業お願いできないかな?」
「無理です。ゆカリーライスの日なんで」
「あ、ゆカリーか! うん、悪かったな」
緑川さんが「ゆカリーライス」と言っただけで上司が直ちに引き下がったことに僕は驚いた。僕と緑川さんは密かに社内恋愛をしている。
「何ボケっとしてるの? あなたもこれから一緒に家にきて」
「え? なんで?」
「ゆカリーライスの日だからに決まってるじゃない」
何だかよくわからないまま彼女の家へとついていく。ご両親に挨拶した。お互い初めての顔合わせで緊張して会話が弾まない。
「ゆカリーライスができたよ!」
エプロン姿の緑川さんが微笑む。食卓には家族皆とそして僕の分のカレーライスが用意されていた。よく見るとルーがグリーンだった。
「これが、ゆカリーライス?」
緑川さんが頷く。
皆で食べると美味しくて会話が弾む。
ゆカリーライスのおかげでどうやら僕も緑川家の一員になれたみたいだ。
恋愛
公開:20/11/24 17:00
更新:20/11/25 08:46
コンテスト

蟲乃森みどり( 太陽から三個目の石 )



空想と妄想が趣味です。
https://twitter.com/MUSHINO_MORI

 

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容