野分家の家族旅行

2
4

野分家の家族旅行はいつも唐突。決まっているのは夏の終わりだということ。
「おい、行くぞ!」
父親の言葉に二人の子どもが待っていましたとばかりに、螺旋階段を競い登って降りていく。その後を母親が追いかける。
野分家の家族旅行は、いつも行き先未定。涼しい場所に向かって北へ北へと移動する。
「パパ、あそこに寄って!」
子どものリクエストに応えて、突然の方向転換はよくある話。兄弟喧嘩が起き、右に左へと、ふらふらするのもよくある話。
そして、野分家が家族旅行の間、動物達は巣ごもりする。
「もうこれ以上進めないわ」
母親の言葉に子どもらの不平不満の声があがるが、父親の「解散!」の言葉に従い、各自で帰還の途につく。

「いやあ、思ったほど酷くならずに済んでよかったですな」
巣ごもりしていた生き物が、口々に話ながら後片付けに追われる。

野分家の家族旅行は、後始末そっちのけなのは日常茶飯事。
公開:20/04/23 10:46
更新:20/05/04 11:56

大西洋子( 滋賀 )

ショートショート、童話中心に活動しています。

ショートショートガーデン空想競技2020入賞


@yoko_egaku

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容