渋谷ハロウィン

0
4

「すごい人だね」
双子魔女というコンセプトで作ったよ。という連絡をもらってから、ずっと抱いていた戸惑いは、すっかり消え失せた。
「今日は思いっきり楽しみましょ」
彼女と手をつなぎ、人混み溢れる渋谷スクランブル交差点を斜めに歩く。
「あっ」
今すれ違った人、妖精の騎士のよう。思わずつないだ手をほどき、彼を追いかける。
「すみませーん、写真撮っていいですか?」
だけど聞こえないのか、彼は歩き続ける。仕方なく、後ろ姿を無断で撮ろうとした瞬間、彼が振り返った。
「わぁ、イケメン!」
シャッターを押そうとした瞬間、
「去れ。気が障る」
スマホを持つ手に痛みが走り、糸のような細い筋から血が滲み出し、霧のように彼の姿が消えた。
「3、2、1。ハッピーニューイヤー!」
手にしたスマホには、無数の着信履歴と共に、0:00と1月1日の表示が出ていた。
その他
公開:19/11/15 14:14

大西洋子( 滋賀 )

ショートショート、童話中心に活動しています。

ショートショートガーデン空想競技2020入賞


@yoko_egaku

コメントはありません

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容