美食家の罪と罰

12
10

高梨は所謂グルメだった。最近ハマっているのはジビエ料理で、その中でもキジバトの肉の旨さの虜となっていた。その熱が高じて自ら空気銃を手に森へ行き、野生のキジバトを捕らえてくるまでになった。
その日も森へ行き、見事に一羽のキジバトを撃ち落とした。近くの別荘で調理すると新鮮な肉を存分に堪能した。
その夜、高梨は体の激しい痒みに目を覚ました。体をボリボリ掻きながら電気を点け、鏡の前に立つ。そこには全身から羽毛の生えた彼の姿があった。掻く度に剥がれ落ちた羽毛が宙を舞う。高梨は思わず絶叫して気を失った。

別荘の室内へ朝日が忍び入ってくる頃、高梨の姿はすっかりキジバトに変わっていた。彼は目覚めると翼を広げて開け放たれた窓から森へと飛び立っていった。

木々の間を颯爽と飛んでいたそのとき、一発の銃弾が彼の翼を貫いた。
落ちた地面で必死にもがく彼の元に銃を手にした男が近づく。
その顔は、高梨自身だった。
ホラー
公開:20/01/16 07:00
更新:20/01/15 12:26
美食 ジビエ 変身

蟲乃森みどり( 太陽から三個目の石 )



空想と妄想が趣味です。
https://twitter.com/MUSHINO_MORI

 

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容