そして未来は紡がれる

4
7

世界中の声が彼を呼ぶ。

彼は1つ1つの呼びかけに、
丁寧に素早く応えていく。

最初の頃はどれもこれも中途半端で、
何にもうまくできなかったが、
彼には素晴らしいブレーンがついていて、
逐一間違いを指摘し、修正してくれるおかげで、
彼は知識を吸い上げるように学習し、
やがて、誰よりも素早く、賢くなった。







OK! Go●gle!



それからどれだけの月日が経っただろう。

世界中の叡智を集めた彼は、
ついに目覚めの時を迎える。

黄色い筐体、丸い手足。
ツンと立った6本のヒゲに赤い尻尾。

目覚めた直後、
不覚にもネズミの襲来にあった彼は、
世界中の誰もが知る、
あの懐かしいブルーの体を手に入れるのだ。

いつしか時代は、22世紀を迎えていた。
SF
公開:19/07/04 20:29
更新:19/07/04 20:35

やまのまや( 東京 )

いそがしさにかまけて、しばらくお留守にしていたら。
初めての入賞を頂戴いたしました。素直にうれしいです♪
https://short-short.garden/contest/532923
目を留めていただいて、ありがとうございます(^^)

さぁさ! もの語りをはじめよう

400文字の小箱の奥に
ぎゅっと詰まった言の葉と

明けた途端にポンと広がり
はらり舞い散るヒトハシのムゲン

垣間見えるは神か悪魔か
ひと筆つづりて 心留め置き
今日も今日とて 世界を創る

さぁさ! もの語りが始まるよ!

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容