1
6

 児童、学生の頃は、三月、四月はこれから始まる新生活のわくわくと、ドキドキとちょっぴり不安が入り交じっていた。
 社会人となり、独り暮らしを始めた頃もそんなわくわくと、ドキドキとちょっぴり不安が入り交じりながらも、爽やかな風が自分の背中を押してくれるような日々だった。
 だが、何時からだろう。その三月、四月を越すのが辛くなり、とうとう生きることをやめてしまった。
 だが、死んでから完全に死ぬ為の生活? いや、もう死んでいるから死活……ではなく、滅活というべきか。生きている間に逃げた事柄を、延々と続けなければならないなんて聞いたことがない!
 その上、巻き込まれたり、道連れにされた者達に、滅活の終了の順番を譲らねばならないなんて!
 ああ、あのわくわくと、ドキドキとちょっぴり不安が入り雑じった新生活への期待に満ちた時期に戻りたい……
 
その他
公開:19/03/19 10:00
更新:19/03/19 10:39

大西洋子( 滋賀 )

ショートショート、童話中心に活動しています。

ショートショートガーデン空想競技2020入賞


@yoko_egaku

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容