とまらないこの想い

12
10

彼女の部屋に初めて泊まった夜。

気持ちが昂ぶっちゃって、
どうにもこうにも眠れなくって。
気晴らしに、風に当たろうと外に出たんだ。

真夜中の街を
気の向くままに歩いてたら、
向こうから、
とても綺麗なお姉さんがやってきてね。

幽霊みたいだなぁってガン見してたら、
お姉さん、気づいてこっちを見たんだ。

ボクを見たお姉さんの顔が
急に醜く歪み出した。

その顔は恐怖に引きつって、
ひっ!といって走り去った。

あたりには、ボクの他に誰もいない。

一体何なんだ?と思いながら、
そのまま散歩を続けていたんだ。

でも。

通りすがりの野良猫が、
ボクを見てフーッと声を荒げるし、
懐いてたワンコも
ボクに向かって、けたたましく吠えてくる。

ガラス越しに自分を見つめたボクは、
ようやくその訳に気がついたんだ。

彼女の血で美しく染まったこのシャツは、
少し目立ちすぎるみたいなんだ。
ミステリー・推理
公開:19/02/24 18:46

やまのまや( 東京 )

いそがしさにかまけて、しばらくお留守にしていたら。
初めての入賞を頂戴いたしました。素直にうれしいです♪
https://short-short.garden/contest/532923
目を留めていただいて、ありがとうございます(^^)

さぁさ! もの語りをはじめよう

400文字の小箱の奥に
ぎゅっと詰まった言の葉と

明けた途端にポンと広がり
はらり舞い散るヒトハシのムゲン

垣間見えるは神か悪魔か
ひと筆つづりて 心留め置き
今日も今日とて 世界を創る

さぁさ! もの語りが始まるよ!

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容