お日様がくれたモノ

2
6

輝く真昼の光の中、
この命を与えてくれた

毎日のびる朝顔たちと、
育てる喜び教えてくれた

キラキラ眩しい木漏れ日の下、
初恋の儚いドキドキ気づかせてくれた

ぎらつく真夏の砂浜の中、
小麦色の肌をくれた

大都会でのスーツ姿に、
ダラつく大量の汗をくれた

手を繋いだ子供らと見た、
夕焼け空の感動をくれた

ぼんやりとした視界の奥、
我が目に宿る白内障をくれた

鈍くなりつる体を包む、
縁側の日向ぼっことお茶をくれた

肉体から離れる刹那、
魂の帰り着く道を照らしてくれた

そして再び戻り来て
私は肉をその身に受けて

お日様はまた
たくさんのものをくれるのだ
その他
公開:19/04/18 11:21

やまのまや( 東京 )

いそがしさにかまけて、しばらくお留守にしていたら。
初めての入賞を頂戴いたしました。素直にうれしいです♪
https://short-short.garden/contest/532923
目を留めていただいて、ありがとうございます(^^)

さぁさ! もの語りをはじめよう

400文字の小箱の奥に
ぎゅっと詰まった言の葉と

明けた途端にポンと広がり
はらり舞い散るヒトハシのムゲン

垣間見えるは神か悪魔か
ひと筆つづりて 心留め置き
今日も今日とて 世界を創る

さぁさ! もの語りが始まるよ!

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容