人面疽・お徳用

14
28

通い猫の三毛の腹に出来物ができたかと思うと人間の顔になった。猫の腹にできても人面疽だ。猫が気にして腹を舐めると人面疽は情けない悲鳴を上げた。「このザラザラしたのは勘弁してください」不憫なので猫にエリザベスカラーを着けてやると人面疽は「人心地がつきました」と言う。
それも束の間、猫は妊娠していたらしくお腹が大きくなり、人面疽の顔は引き伸ばされて何を言っているのか判らなくなった。「暫くの辛抱だ」と諭すが涙目である。一月すると猫は元気な子達を産み、人面疽はまた落ち着いた。だがそれも一瞬だった。
今度は人面疽の顔の上の、猫の乳首から乳が溢れ出した。子猫達は乳を求めて人面疽に群がる。人面疽は顔の上の乳首を子猫に吸い付かれて、肉球で揉みしだかれてフヨフヨになっていき「どうしてこんな事に成っちまったんでしょうね」と泣く。私が「出物腫れ物所嫌わずだね」と言うと合点がいったらしく、人面疽はハタと膝を打った。
その他
公開:19/04/14 23:58
更新:19/04/15 02:00

北澤奇実

慌てて書きましたが、七夕祭りに間に合いました!

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容