『満艦飾』

1
5

これは明確な新米いじめだ。
俺は先輩から渡された紙を見てそう思った。
『笠井2等海士 貴君を来る皇紀2678年天皇誕生日における駆逐艦ういろうの満艦飾幹事に任命する(ただし作業は一人で行うこと)』
もっともらしい文面だが、書いてあるのはメモの切れ端だ。
つまるところ『俺たちやらねぇから新米のお前に全部任せた』である。
くそ、今日はみんなの分の洗濯も任されていてそんな暇はないのに。
しかしJ国軍は超体育会系で有名。例え先輩でも上からの命令は絶対だ。
しかし、満艦飾に使う信号旗がどこにもない。いじめついでに先輩方が隠したに違いない。
時間は刻一刻と無くなっていく。
そこで俺は思いついた。洗濯と満艦飾を同時に満たす方法を。

色とりどりのトランクスが旗線に並ぶ。
洗濯物がたくさん翻っている様も俗に満艦飾と言うからこれは命令違反ではない。
一応、上官の物はマスト近くにしておいたが。
その他
公開:19/01/11 16:05
スクー 天皇誕生日の幹事 この物語はフィクションであり 実在する人物ㆍ団体とは 関係ありません

ひょろ( twitterが主。あとは「月の音色」の月の文学館コーナー )

短いものしか書けない系ものかき趣味人
江坂遊先生の「短い夜の出来事」(講談社文庫)に入っているハイパーショートショートに触発されて、短い小説を書いている。
原稿用紙5枚→3枚→半分(200字)→140字(twitter小説)と着々と縮み中w。
月の音色リスナー

目にも止まらぬ遅筆を見よ!

twitterアカウント:hyoro4779

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容