龍【dragon】

16
241

山田咲が何か幸せな夢から覚めると、ベッドの中で自分が一匹の赤銅色の龍になっている事に気付いた。最初にしたのは隣で寝ている男を起こして、腹を裂いて内臓を広げ死ぬ前に炎で焼く事だった。男は咲の金を使って浮気をし、咎めると殴ったのだ。咲は自分に掛かった呪いが解けるのを感じた。
次に満員電車と職場の部長席も焼き払いたかったが、やる事があった。推しアイドルの河合君に会いに行く。公録現場に舞い降りた。客は悲鳴を上げて逃げ惑ったが咲は知っていた、河合君が無類の怪獣好きである事を。「かっこぃい」彼の目はハートになっていた。話はとんとん拍子に進んだ。芸能事務所の社長は生身の女との醜聞より龍の方がましであると理解していた。自衛隊や米軍が出てきたが、咲が戦車を丸めると黙って帰った。あとは河合君が歌い社長が畳み込んで全て上手く行った。
河合君は咲の鼻先に顔を寄せて寝ている。こうして二人はいつまでも幸せに暮らした。
その他
公開:18/07/19 02:26
更新:18/07/21 11:21

北澤奇実

慌てて書きましたが、七夕祭りに間に合いました!

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容