水晶谷 ~ 太陽物語

10
29

乱反射しながら、
水晶達はキラキラと笑いました。

(かわいそうな旅人がまた、迷い込んでやってくるわ…)

この谷には生きた水晶が住んでいて、
迷い込んだら最後、
光に目がくらんでしまい、
出ることができなくなってしまうのです。

でも、その日来た旅人は、
いつもと様子が違いました。

とても熱くてまぶしくて、
水晶達も見ていられません。

目をくらませるはずの水晶達が、
逆に目がくらんでしまいます。

キラキラ輝く旅人は
水晶達に道を尋ねました。

「そこな方々、谷の出口を教えてくれるかい?」

旅人が水晶達に近づくと、
互いに反射し合うものだから、
熱くて熱くてたまらない。

とうとう水晶達は
熱さで全て溶けてしまいます。

それを見ていた旅人は、
溶けた水晶達をくるくると丸めて、
空へふぃっと投げました。

「これで大丈夫。」
満足そうに立ち去ります。


今は昔、月が生まれた物語。
ファンタジー
公開:18/08/30 00:35
更新:19/07/03 01:01
#太陽物語

やまのまや( 東京 )

さぁさ! もの語りをはじめよう

400文字の小箱の奥に
ぎゅっと詰まった言の葉と

明けた途端にポンと広がり
はらり舞い散るヒトハシのムゲン

垣間見えるは神か悪魔か
ひと筆つづりて 心留め置き
今日も今日とて 世界を創る

さぁさ! もの語りが始まるよ!

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容