にこにこ森のパン屋さん ~ 太陽物語

19
35

パンがふっくら焼ける音

ぷし、ぷし、しゅー、しゅー

隠し味の幸せが、
パンをふくふくに膨らませます
パン屋さんもにっこり笑顔

さあ!今日も元気に開店です!

「いらっしゃあい!
焼きたてパンはいかがかな?」

最初に来たのは小さな子ネズミ
ミルクパンを一つ買いました

次に来たのはいたずらうさぎ
キャロットケーキを買いました

お次はガチョウの奥様方
おしゃべりしながら、
プレッツェルを買いました

こうして日も暮れ夕方に

ドアベルがカラン!と鳴って
小さな小さな子ダヌキが、
おずおずと入ってきました

「こんにちは、あの…」
大きな袋を差し出して

「くるみはお代になりますか?
一生懸命、拾ったの。」

見事に大きなくるみです
パン屋さんはふくふく笑顔で、
大きなくるみパンを渡します

子ダヌキは何遍もお辞儀をして、
森へと帰って行きました

さあさ!
幸せパンはおひとついかが?
ファンタジー
公開:18/08/31 13:50
更新:19/07/03 01:01
#太陽物語

やまのまや( 東京 )

いそがしさにかまけて、しばらくお留守にしていたら。
初めての入賞を頂戴いたしました。素直にうれしいです♪
https://short-short.garden/contest/532923
目を留めていただいて、ありがとうございます(^^)

さぁさ! もの語りをはじめよう

400文字の小箱の奥に
ぎゅっと詰まった言の葉と

明けた途端にポンと広がり
はらり舞い散るヒトハシのムゲン

垣間見えるは神か悪魔か
ひと筆つづりて 心留め置き
今日も今日とて 世界を創る

さぁさ! もの語りが始まるよ!

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容