14
48

大おばあ様から頂いた不思議なせんすは、
季節の風景を映し出すものだった。

春には菜の花畑を映し、
夏には白い砂浜と青い大海原。

秋には黄金の稲穂を映すし、
冬には温い囲炉裏端を見せてくれる。

開いてみるまでわからないけど、
子どもの私は、
不思議なせんすに夢中になった。

だけど、子どもなんて飽きっぽいもの。
いつしか私は、
せんすのことを忘れていった。


大人になって、
ふと、あのせんすを思い出した。

そういえば、どこにあるのだろう?
まだ風景は、映るのだろうか?


実家を探すと、
果たしてせんすはそこにあった。
恐る恐る広げると。

…小さな私が、そこにいた。

私とお手玉した記憶。
私と豆剥きした記憶。

泣きべそかいてた小さな私に
甘いお菓子をこっそりくれた、
しわくちゃな手が映し出される。

大おばあ様の眼差しに、
優しく見守る愛情に、
とめどなく
熱い涙が溢れ出た。
ファンタジー
公開:18/08/09 00:53
更新:18/08/09 09:51

やまのまや( 東京 )

いそがしさにかまけて、しばらくお留守にしていたら。
初めての入賞を頂戴いたしました。素直にうれしいです♪
https://short-short.garden/contest/532923
目を留めていただいて、ありがとうございます(^^)

さぁさ! もの語りをはじめよう

400文字の小箱の奥に
ぎゅっと詰まった言の葉と

明けた途端にポンと広がり
はらり舞い散るヒトハシのムゲン

垣間見えるは神か悪魔か
ひと筆つづりて 心留め置き
今日も今日とて 世界を創る

さぁさ! もの語りが始まるよ!

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容