ワンルームの音(ワンルームノート)

0
108

眠ろうと思って部屋の明かりを消した、瞬間に僕のスマートフォンの画面が光った。

「明日海まで歩かない?」

君からの通知だった。
君はいつも唐突に僕に連絡をしてくるのだけれど、これはそのあまりにも突然で、少し驚いているとまた通知が来た。

「調べたら6時間くらい歩いたら着くんだって」

6時間って遠いな。なんて思いながら、僕は君に「いいよ」と送る。
君はいつも突然、とんでもない事を言っては僕を驚かせる。
でも、僕は君のそんなところが好きだった。

「やった!それなら、明日朝私の家集合ねー?おやすみいい夢見ろよ!笑」

君からそう通知が来る。
明日はきっとすごく疲れるから今日はぐっすり眠ろう。そう思いながら僕はスマートフォンの電源を消す。
僕の部屋は完全に真っ暗になる。

真っ暗で静かなこの部屋の中に、少しだけ波の音が聴こえた気がした。

あぁ僕は既に明日を楽しみにしているんだ。
恋愛
公開:18/05/21 02:09

リョウスケ( 東京 )

1997年生まれの21歳です。東京
演劇やってます。作・演出です
例えば、もしも、きっとが好き
全ては振り返ればの話で、
振り返った時それは時間ではなくて瞬間

声に出して読んでほしいです。

@VagaWorld1031
↑Twitterです

よかったらコメントお願いします

 

コメントはありません

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容