右腕、痺れ

1
4

それがカッコイイと思っていつも僕は腕枕をする。
君は僕の右腕に頭を乗せて寝る。
僕はそれがかっこいいと思ってる。

でも、いつも起きると僕の腕は痺れてて、なかなか起きれなくて、かっこ悪い。
君のおはようの魔法も全然効かなくて僕の右腕の痺れは取れやしない。
だから、朝が嫌いさ
でも夜の僕は一瞬をカッコつけたくて今日も腕枕を君に贈るよ
恋愛
公開:19/10/10 02:50

リョウスケ( 東京 )

1997

例えば、もしも、きっとが好き
全ては振り返ればの話で、
振り返った時それは時間ではなくて瞬間

声に出して読んでほしいです。


よかったらコメントお願いします

 

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容