新宿と雨

2
10

イルミネーションと店の明かりと街灯とスマートフォンの光で照らされてる夜の新宿には雨が降っていた。
水滴にその光が反射してさらにキラキラしている。
急な雨だったから僕たちは傘をさしてはいなかった。
僕たちはずぶ濡れだった。
子供の頃は傘を差すのが下手でよく濡れてたけど、大人になってからこんなにびしょ濡れになるのは久しぶりだった。
だから、楽しかった
君が隣でびしょ濡れになりながら
「風邪ひいちゃうね」って笑顔で僕に言う。
「そうだね」なんて言いながら僕らは少し雨宿りをした。
「濡れてる時はそんなに寒くないのに雨宿りをして立ち止まると急に寒くなるね」と君は言いながらまた屋根のない所に飛び出して雨に濡れる。
「ほら寒くなくなった」
びしょ濡れの君にこの街の全ての光が集まって反射をしてとても綺麗だった。
この街も雨もあまり好きではなかったけれどその日から僕はこの街も雨も少し好きになった
恋愛
公開:18/07/12 06:13

リョウスケ( 東京 )

1997年生まれの21歳です。東京
演劇やってます。作・演出です
例えば、もしも、きっとが好き
全ては振り返ればの話で、
振り返った時それは時間ではなくて瞬間

声に出して読んでほしいです。

@VagaWorld1031
↑Twitterです

よかったらコメントお願いします

 

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容