6
4

満開の桜を散らす悪戯っ子な春の嵐。
桜の木の下に広がる曇天を写した大きな水たまりの上には、散った花びら達が浮かび、右へ左へ流れていく。
私は薄桃と鈍色が陣取り合戦を繰り広げる水たまりの手前へ立つと、自分の足元へ桜の花びらが流れてきたタイミングに合わせてタンっとその場でステップを踏む。右、左、左、右、真ん中、右。次々とこちらへ流れてくる花びら…桜の花ビ~トに合わせてステップを踏めば「ポン♪ポポン♪」と陽気な春の音が弾け、水たまりは私のステップの出来栄えを判定してピンクや黄色、緑に光る。ずぶ濡れの靴には、跳ね上がって張り付いた桃色の花びらが音符模様を描いている。

夢中で花ビートにのり春の嵐と踊っていると、いつの間にかに雲間から青空がひょこりと顔を覗かせていた。
スポットライトのような陽光の差し示す水たまりには、散った桜の花びらでできた[FULLCOMBO!]の文字が浮かんでいた。
ファンタジー
公開:24/04/09 21:26
更新:24/04/09 21:27
桜の花びらでリズムゲーム プレイしてみた♪ 散った花びらも綺麗で好き

ネモフィラ(花笑みの旅人)( 気の向くまま )

いつもご訪問ありがとうございます!
元:ネモフィラは咲うです。大原さやかさんのラジオ「月の音色」では、ペンネーム:花笑みの旅人として投稿しております。

物語を読んでくださったうちのどなたか一人にでも笑顔になってもらえたら嬉しいなぁ…くらいの感覚で書いてみることにしてみました。
日常と街灯をこよなく愛し、現在十分な睡眠を必要としている気まぐれな旅人です笑

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容