満月じゃなくても

2
3

私達は海や街の灯りが一望出来る公園のベンチに並んで腰掛けている。風が心地良い。春の匂いを味わっていると、彼が話し出す。

「月が綺麗ですね。そういえば、昔の文豪が、『I love you』を『月が綺麗ですね』と訳したっていう話があって、なんて洒落てるんだろうって、僕、好きなんですよね」
「へぇー、素敵なお話ね」

私達は付き合い始めて3年になる。
彼は優しく、いつでも明るい。
私はいつでも彼から力をもらっている。
そして私も彼を支えていきたい。

「あなたは本当に愉快な人ね」
「僕が?何でですか?」
「だってあなた、目が見えないのにまるで見えてるように話すんだもの」
「じゃあ教えて下さい。今宵の月の様子を」
「そうねぇ。とっても月が綺麗ですよ」
「そっかぁ、良かった。僕には月は見えないけど、幸せは一緒に見たいです」
「はい。一緒に見ましょうね」

それから30年、相変わらず、月は綺麗です。
恋愛
公開:24/05/15 14:10
更新:24/05/16 06:58

チョルクーパー( 横浜 )

ショートショートに魅了されています。
いつか本を出すことが目標です。
宜しくお願い致します。

こちらで初めて書かせていただいた「駅伝家族」で賞をいただきました。
また、伊坂幸太郎さんの「ガソリン生活」のキャッチコピーコンテストに入賞し、文庫版の帯に同ペンネームで使用されております。

noteにも【チョルクーパー】というペンネームでショートショートを投稿しておりますので、フォローして下さると嬉しく思います。
投稿している作品は同じですが、改行などの関係で読みやすくなっております。
多少加筆修正もするかもしれません。

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容