インタビューwith付喪神

2
1

博物館に訪れた私は自身のスマホを1台、落としものとして博物館の係員に渡す。
その後、そのスマホに電話をかけ「後日取りに行くから預かっておいて欲しい」とお願いする。これで準備は完了だ。
博物館を見て回る。歴史的価値の高い品々が並ぶ中、今回は茶器に狙いを定めインタビューを申し込む。
声をかけた茶器が付喪神化しているかどうかは分からない。これは賭けである。

深夜2時。私のスマホに着信が来た。発信は博物館に預けてあるスマホから。
『申します申します。わたくしは平安貴族に愛されし茶器でございます。わたくしの話を聞きたいのでして?ええ、構いませんとも。今宵はたっぷり、聞かせて差し上げましょう』
お喋り好きの付喪神のようだ。インタビューはつつがなく進む。
それにさすが茶器の付喪神。ガチャガチャと騒ぎ立てては話に熱が入り、すぐに沸騰する。苦い話も多い。
どうやら今夜の話は飲み込むのに時間がかかりそうだ…
公開:24/02/10 21:15

幸運な野良猫

yahoo!サーバーに問題が発生したらしく2022年9月1日より2週間入れなかったので新規にアカウント取得。
半年以上毎日Yahoo!IDでログインを試みるも、現在進行形でログインできない状態です。#EY003って何だ?
運営に報告するも、ずっと無視されております。自動応答メールだけが返ってくる…1年経過で、もう諦めた…

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容