10
5

冬晴れの空に、私の息が白雲を浮かべる。
お散歩中、必ず立ち寄るカフェがある。住宅街に溶け込むように佇むそのカフェには小さなお庭があって、扉の鶯の装飾も愛らしい。落ち着いた店内では、窓際の席が特に私のお気に入り。

ここの自慢は「ツララドリップ珈琲」。注文すると、マスターはまず庭に出て、軒先で透明に輝くツララの下へカップを置く。次に、店の壁にあるハンドルをゆっくり回すと、店内が春のような暖かさになって、柱からは枝が伸び、次第に蕾もほころぶ。このお店は店自体がコーヒーメーカーで、温められた店の影響で珈琲色に染まったツララがポタン、ポタン、と雫となって落ちていく。ちなみに、「ちゃんと屋根でろ過された綺麗な水が凍ってできたツララなので、ご安心ください♪」と初めて注文した時にウインクしながらマスターに言われた。
コトンと置かれた雪解け味の珈琲。マスターは最後の仕上げに桜の花びらでハートを浮かべる。
その他
公開:23/11/21 20:42
研究室ライブ 配信内に出たワードを 自分なりに組み合わせたり アレンジして書いてみた

ネモフィラ(花笑みの旅人)( 気の向くまま )

いつもご訪問ありがとうございます!
元:ネモフィラは咲うです。大原さやかさんのラジオ「月の音色」では、ペンネーム:花笑みの旅人として投稿しております。

物語を読んでくださったうちのどなたか一人にでも笑顔になってもらえたら嬉しいなぁ…くらいの感覚で書いてみることにしてみました。
日常と街灯をこよなく愛し、現在十分な睡眠を必要としている気まぐれな旅人です笑

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容