夢の大富豪

11
8

富豪になり悠々自適に暮らしたいと願う男がいた。大邸宅に住み外車を乗り回し自家用飛行機で世界旅行も楽しめると夢を描いていた。
すると、お前の夢を実現してやろうとかと神が呟いた。但し条件があるが、それを守れるか?
条件も聞かずに、男は即答しました、絶対に守る事を約束致します。
それはお前の富で、心優しいのに貧しくなっている人々を一日千人救うのだ。もしそれが出来なければ、お前は即刻地獄に落ちるのだ。
金さえあれば容易いことです、やりましょう!
ところでいつ私は大富豪になるのでしょうか?
明朝お前が目が覚ませば、大富豪になっているのだ。

約束通り大富豪になった男は、優しいけど貧しい人々を探したが、一日千人もの人を探すのには随分苦労し遊ぶ時間も無かった。有り余る金で斯様な人達を捜す専任捜査官を千人採用しようと考えたが出来なかった。早速男は地獄へ旅立ったが、
こんな仕事は元々神以外には無理でしょう。
ファンタジー
公開:23/01/24 10:58

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容