マイクロバス

2
1

初めてガイドツアー付きの旅行を利用した。移動にはマイクロバスを使うという。客はどうやら私しかいないようだ。

「それでは皆様。マイクロバスにお乗りください」

一体何を言っているのだろうか。バスなんてどこにも停まっていない。

「あの……バスはどこにあるんですか?」

ガイドさんに聞いた。ガイドさんは至って普通のお姉さんだ。

「ここですよ。ここ」

そう言って足元を指差した。するとアリが小さなマイクロバスのミニカーの中に乗っていた。このツアーは、アリの為のツアーだというのか。実に奇妙な光景だ。

「あの……俺はどこに乗ればいいですか?」
「ご案内します」

そう言って歩いて案内された場所は、山の中だった。

「人のいる場所に住んでいては、アリ達も生存確率が大きく減ってしまいます。だから山の中に引っ越したんですよ」

そう言うと、ガイドさんの顔が急にアリに変わり、身体も小さくなった。
公開:22/09/23 10:51

富本アキユ( 日本 )

カクヨムにも小説を投稿してます。
Twitterは@book_Akiyu

・SSG投稿作品1000作品突破

・作詞を担当
https://youtu.be/uoQoi_B0NwA

・葉月のりこ様YouTubeチャンネル『ショートショート朗読ボックス』~ショートショートガーデンより~の動画内で江頭楓様より『睡眠旅人』を朗読して頂きました。

https://youtu.be/frouU2nCPYI

・魔法のiらんど大賞2021小説大賞。大人恋愛部門「彼女の作り方」が予選通過

〇サウンドノベルゲーム版作品(無料プレイ可)

ブラウン・シュガー
https://novelchan.novelsphere.jp/38739/

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容