母の庭

6
9

 大学進学を機に上京する事になった。
アパート探しは面倒だから「学校の寮にでもはいろう」と思った旨を母に打ち明ける。

 すると意外にもその昔、母が住んでいたという家の鍵を渡された。

「今も手入れはされているから綺麗なはずよ。あと庭が綺麗だから」
「そんな! オレ、庭いじりとか興味ねーよ!」
「ふふふ。大丈夫、自然と『庭』が好きになるから」

 実際に住み始めると確かに『庭』にはありとあらゆる草木や花が咲き乱れ、混沌としてはいるが不思議と落ち着いた。
 オレは気がつくと庭に入り浸り、興味のなかったはずの様々な植物を観察するのが楽しみになっていた。

 その日も何気なく庭に出て新しく咲いた花を見ていた。
 ふと視線を感じたので顔を上げると、いつの間にか目の前に花柄の猫が居た。

 そして「どうだ」と言わんばかりの顔でオレを見た。

 その顔はどことなく母に似ている気がした。
ファンタジー
公開:22/08/12 21:42
#出産まつり #赤ちゃん祭り #花柄の猫 #ぱせりんさんおめでとう

椿あやか( 猫町。 )

【椿あやか】(旧PN:AYAKA) 
◆Twitter:@ayaka_nyaa5

◆第18回坊っちゃん文学賞大賞受賞
◆紙媒体で単著が出せるよう、精進中です。
◆お問合せなど御座いましたらTwitterのDM、メールまでお願い申し上げます。

◆【他サイト】
【note】400字以上の作品や日常報告など
https://note.com/nekometubaki
【NOVEL DAYS】
https://novel.daysneo.com/author/Tsubaki_Ayaka/



 

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容