愛情ビスケット

7
3

部屋の中は荒らされた形跡があった。棚から買っておいたお菓子のビスケットが落ちていて、一枚ずつ等間隔に落ちている。落ちているビスケットを一枚一枚拾いながら辿っていくと山の中へと入っていった。更に追いかけていくと、どんどん奥へと進んでいき、辺りは薄暗くなってきた。不気味だとは思ったが、私の部屋を荒らした犯人を捜す為には仕方がない。野生動物だろうか?イノシシか?猿か?
確実に敵には近づいているはずだ。イノシシだった場合の事を考えて、私は猟銃を手に持っている。いざとなればこれで撃つ。だが現れたのは、なんと人間だった。小さな子供だった。
「こんなところで何をしている」
「あっ……あうっ……」
「なんだ?喋れないのか?」
「あっ……あっ……」
俺は子供を保護した。まさかあの時に保護した子供が、俺への感謝の気持ちを忘れないためにと大ヒット商品である愛情ビスケットを生み出す起業家になるとは思わなかった。
公開:22/08/06 09:57

富本アキユ( 日本 )

カクヨムにも小説を投稿してます。
Twitterは@book_Akiyu

・SSG投稿作品1000作品突破

・SSG「一瞬の夏」が急上昇ランキング1位を記録

・葉月のりこ様YouTubeチャンネル『ショートショート朗読ボックス』~ショートショートガーデンより~の動画内で、江頭楓様より『睡眠旅人』を朗読して頂きました。

https://youtu.be/frouU2nCPYI

・魔法のiらんど大賞2021小説大賞。大人恋愛部門。「彼女の作り方」が予選通過

〇サウンドノベルゲーム版作品(全作無料プレイ可能)

ブラウン・シュガー
https://novelchan.novelsphere.jp/38739/

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容