邪悪な鳥

2
1

むかしむかし、あるところにそれはそれは悪い鳥がいました。悪い鳥は邪悪な鳥として人々から恐れられ、怖がられていました。邪悪な鳥は真っ黒な体をしていて、カラスのような雰囲気がありますが、体格はカラスの数倍の大きさなので、一目で違いが分かるのです。
「また邪悪な鳥が飛んでいた。災いが起きようとしている」
「恐ろしいわ。早く殺さないと」
人々は邪悪な鳥を殺そうと躍起になっていました。そんなある日の事、村の子供が行方不明になりました。村人全員で探しましたが見つかりません。そこへ邪悪な鳥がやってきました。
「お前がやったのか!!」
そう聞くと、邪悪な鳥はついに口を開きました。
「小僧が行方不明か。ならば私も空から探してやろう」
邪悪な鳥は、邪悪なのではなく神の使いだったのです。子供は見つかり、鳥は消えていきました。
村人達は反省し、見た目だけで判断する事は愚かな事だということを知りました。
公開:22/11/30 09:31

富本アキユ( 日本 )

カクヨムにも小説を投稿してます。
Twitterは@book_Akiyu

・SSG投稿作品1000作品突破

・作詞を担当
https://youtu.be/OtczLkK6-8c

・葉月のりこ様YouTubeチャンネル『ショートショート朗読ボックス』~ショートショートガーデンより~の動画内で江頭楓様より『睡眠旅人』を朗読して頂きました。

https://youtu.be/frouU2nCPYI

・魔法のiらんど大賞2021小説大賞。大人恋愛部門「彼女の作り方」が予選通過

〇サウンドノベルゲーム版作品(無料プレイ可)

ブラウン・シュガー
https://novelchan.novelsphere.jp/38739/

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容