妻の手料理

0
2

今朝、妻と大喧嘩した。
だが冷静になって考えてみるとあんなに怒るなんて大人げなかったと反省する。
帰ったら、妻に謝ろう。
そう決めて、お土産に妻の好きなケーキを買って帰る。

「「ごめんなさい」」
玄関の扉を開けると開口一番、僕と妻のセリフが被った。
妻も頭を冷やし、自身の非を認める余裕が出来たようだ。
妻にお土産を渡す。大好きなケーキに凄く喜んでくれた。

妻は夕食に僕の大好物であるステーキを用意してくれていた。
鉄板の上でジュージューと湯気を立てる分厚い肉。とても美味しそうだ。いただきます。
ステーキを切り分け、口に運ぶ。
…見た目はヤケドしそうなほど熱い肉。
しかし、作ってくれた妻の僕への愛が冷めているからだろう。このステーキは妻の態度のように固かった。
マズいなぁ…二つの意味で、とてもマズい。
「美味しいでしょ?」と、聞いてくる妻。
「美味しいよ」と、僕は冷や汗を流しながら答えた。
公開:22/11/29 21:22

幸運な野良猫

yahoo!サーバーに問題が発生したらしく9月1日より2週間入れなかったので新規にアカウント取得。

コメントはありません

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容