スルメブーム

4
1

「知ってるか?最近、女子高生の間でスルメが流行っているらしいぞ」
居酒屋でスルメを肴に飲んでいると、同僚の山田が言った。
「えー、嘘つけー。そんなわけないだろう。スルメはおっさん達の酒のつまみだろう」
「ほんとだって」
俺は信じなかった。スルメが女子高生の間で流行るなんて考えたこともない。女子高生といえば、以前にはタピオカが流行ったっけ。他には、えーと……思い出せないや。おっさんである俺は、流行には疎いからな。
翌日、休みである俺は、家にいても嫁に邪魔者扱いされるのでパチンコ屋に逃げ込んだ。相変わらず今日も負けて帰っていると、女子高生の二人組が前から歩いてきた。手にはスルメを持っている。
本当にスルメ流行ってるのか!?
すると何やら若い女の子が沢山並んでいる店があった。何だろうと思い、見てみると最近できたスルメ専門店だった。スルメ専門店なんてできたのか。
「フレーバー、えっ!?いちご!?」
公開:22/11/29 09:26

富本アキユ( 日本 )

カクヨムにも小説を投稿してます。
Twitterは@book_Akiyu

・SSG投稿作品1000作品突破

・作詞を担当
https://youtu.be/OtczLkK6-8c

・葉月のりこ様YouTubeチャンネル『ショートショート朗読ボックス』~ショートショートガーデンより~の動画内で江頭楓様より『睡眠旅人』を朗読して頂きました。

https://youtu.be/frouU2nCPYI

・魔法のiらんど大賞2021小説大賞。大人恋愛部門「彼女の作り方」が予選通過

〇サウンドノベルゲーム版作品(無料プレイ可)

ブラウン・シュガー
https://novelchan.novelsphere.jp/38739/

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容