桜の雨の下で

2
2

桜舞う季節。希望と期待を胸に校門をくぐったあの日。僕は君と出会った。君は泣いていた。この新しい始まりの日に。
「どうして泣いているの?」
「私、小学生の時、友達できなかったから不安で……」
「だったら僕が友達になってやるよ。僕が最初の友達だ」
「うん!」
君は笑った。それから僕達は、勉強を助けあったり、時には冗談を言い合った。一緒に帰ったり遊んだりもした。
いつの日の頃からだろう。僕は君の事が好きになっていた。友達ではなく、一人の女の子として君の事が……。
でも僕は君の最初の友達だ。一番仲が良い親友といってもいい。この関係が壊れてしまう事が怖くて、なかなか想いを伝える事ができなかった。そんなモヤモヤした気持ちのまま、早いもので四度目の桜が咲く近い頃。ついに卒業式になった。
「卒業だね」
「うん…」
「どうしたの?」
「好きだ」
「私もだよ」
桜の花びらが舞う桜の雨の木の下、僕達は結ばれた。
公開:22/11/25 09:49

富本アキユ( 日本 )

カクヨムにも小説を投稿してます。
Twitterは@book_Akiyu

・SSG投稿作品1000作品突破

・作詞を担当
https://youtu.be/OtczLkK6-8c

・葉月のりこ様YouTubeチャンネル『ショートショート朗読ボックス』~ショートショートガーデンより~の動画内で江頭楓様より『睡眠旅人』を朗読して頂きました。

https://youtu.be/frouU2nCPYI

・魔法のiらんど大賞2021小説大賞。大人恋愛部門「彼女の作り方」が予選通過

〇サウンドノベルゲーム版作品(無料プレイ可)

ブラウン・シュガー
https://novelchan.novelsphere.jp/38739/

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容