怪盗(笑)

2
1

俺の名前は、二階堂。日本ではその名を知らぬものはいない伝説の大泥棒一家だ。ただし俺には弱点がある。それは笑い上戸な事だ。些細な事で笑ってしまう。泥棒としては正直、致命的な弱点だ。こればかりは治したいが、治せない。どうにもならない。今日の獲物は、虹色に輝く宝石レインボーストーン。自然にできたその七色に輝く宝石は、多くの者を魅了し、不思議な魔力が秘められているという噂の石だ。俺は早速盗むために予告状を出し、予告通りに飾られている美術館に侵入した。ロックを破り、鮮やかに侵入する。そして見つける。レインボーストーン。が……
「ぷっ……こ、これがレインボーストーン。ぷっ……くくくっ……あはは」
思ったよりも陳腐だった。なんていうか玩具みたいだ。
「見つけたぞ、二階堂。もうお前は袋の鼠だ」
「ぷっ……あはは……はははっ……て、典型的な罠。ぷふふふ」
笑いを堪えながらも、見事本物を盗み出して脱出した。
公開:22/11/21 08:59

富本アキユ( 日本 )

カクヨムにも小説を投稿してます。
Twitterは@book_Akiyu

・SSG投稿作品1000作品突破

・作詞を担当
https://youtu.be/OtczLkK6-8c

・葉月のりこ様YouTubeチャンネル『ショートショート朗読ボックス』~ショートショートガーデンより~の動画内で江頭楓様より『睡眠旅人』を朗読して頂きました。

https://youtu.be/frouU2nCPYI

・魔法のiらんど大賞2021小説大賞。大人恋愛部門「彼女の作り方」が予選通過

〇サウンドノベルゲーム版作品(無料プレイ可)

ブラウン・シュガー
https://novelchan.novelsphere.jp/38739/

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容