照れワーク

2
2

「よ、よせよ……。そんなに褒めるなよ。恥ずかしいだろ」
「ほんと格好良いですよねー」
「や、やめろよ……。褒めても何もでねーぞ」

これが噂の照れワークか。毎日毎日よくやるものだ。うちは社内恋愛が別に禁止ではない。だから社内恋愛で誕生したカップルが多数いる。仕事中だというのに、浮かれたカップル達は、互いを褒め合って照れている。これを照れワークと言わず、なんという。

「大石さん。これコピーお願いします」

だが俺は真面目に働くぞ。仕事は遊びに来てるんじゃないんだ。給料分はしっかり働く。真面目にコツコツだ。

「大石さん。手が綺麗ですね。何かケアしてるんですか?」
「ええ!?べ、別にケアなんて何もしてないよ」
「ほんとですかー!?色白じゃないですか」

不覚にも俺は、女性事務員に手を褒められて照れてしまった。
いかんいかん。これではまるで……

これではまるで、俺も照れワークじゃないか!!
公開:22/05/14 10:52

Akiyu( 日本 )

カクヨムにも小説を投稿してます。
Twitterは@book_Akiyu

・SSG投稿作品800作品突破

・SSG「一瞬の夏」が急上昇ランキング1位を記録

・魔法のiらんど大賞2021小説大賞。大人恋愛部門。「彼女の作り方」が予選通過。

・葉月のりこ様YouTubeチャンネル『ショートショート朗読ボックス』~ショートショートガーデンより~の動画内で、江頭楓様より『睡眠旅人』を朗読して頂きました。

https://youtu.be/frouU2nCPYI


〇サウンドノベルゲーム版作品(全作無料プレイ可能)

・もう一度 君に会いたい
http://novelchan.novelsphere.jp/work/35539

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容