ストレートティー

9
3

彼女はいつもの時間、いつもの席でミルクティーを注文する。うちの喫茶店の常連だ。本当は珈琲が売りなんだけど、彼女の口には甘いミルクティーが合っているようだ。まあそれはそれでいいのだけれど。
「ストレートティー」
「え?」
思わず聞き返してしまった。この1年、ほぼ毎日通ってくれる彼女は、ミルクティーの一つ覚えだった。それが今日はストレートティーだったからだ。
「何かおかしいですか?」
「いつもミルクティーだから少し驚いただけです」
「たまには甘くないの飲みたくて」
「わかりました」
ストレートティーを持っていくと、彼女は飲み始めた。だがテーブルにあった砂糖に手を伸ばして砂糖を入れた。カランッと音が鳴り、大人っぽい男性が店に入ってきた。その瞬間、彼女の顔が赤くなった。そうか、彼女は子供っぽいと思われたくなくてストレートティーを注文したのか。私はその光景が微笑ましくて、カウンターから見守っていた。
公開:22/06/25 09:45

富本アキユ( 日本 )

カクヨムにも小説を投稿してます。
Twitterは@book_Akiyu

・SSG投稿作品1000作品突破

・SSG「一瞬の夏」が急上昇ランキング1位を記録

・葉月のりこ様YouTubeチャンネル『ショートショート朗読ボックス』~ショートショートガーデンより~の動画内で、江頭楓様より『睡眠旅人』を朗読して頂きました。

https://youtu.be/frouU2nCPYI

・魔法のiらんど大賞2021小説大賞。大人恋愛部門。「彼女の作り方」が予選通過

〇サウンドノベルゲーム版作品(全作無料プレイ可能)

ブラウン・シュガー
https://novelchan.novelsphere.jp/38739/

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容