山月記かもしれない

2
7

──とある海辺近くの警察署。二人の男が神妙な面持ちで向かい合っている。


「……俺も落ちぶれたなぁ。まさかお前に身元引受人をお願いする事になるとは」

「いや、誰しも色々あるよ。気にすんな」

「夜勤明けで酒を飲んだ所までは覚えているんだけれど」

「とんだ大虎だったわけだ」

「そうじゃない。そうじゃないんだ。酒は悪くない」

「何でだよ。そこは認めろよ」

「酔った勢いで海辺まで行って、そのまま朝を迎えちまって……。
あの溶けたバターみたいな金色の初日の出を見ていたら、つい」

「えっ。お前、満月じゃなくて朝日を見たら変身するのか!?」

「しょうが無いじゃん。俺、狼男ならぬ虎男なんだから」


──そう言って男はグローブみたいな黄金色の両掌で顔を覆い「ぐるる」と泣いた。
ファンタジー
公開:22/01/01 18:13
更新:22/01/01 18:43

椿あやか( 猫町。 )

【椿あやか】(旧PN:AYAKA) 
◆Twitter:@ayaka_nyaa5

◆第18回坊っちゃん文学賞大賞受賞
◆紙媒体で単著が出せるよう、精進中です。
◆お問合せなど御座いましたらTwitterのDM、メールまでお願い申し上げます。

◆【他サイト】
【note】400字以上の作品や日常報告など
https://note.com/nekometubaki
【NOVEL DAYS】
https://novel.daysneo.com/author/Tsubaki_Ayaka/



 

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容