きこえる

0
2

月見がてら、秋の野山を一人で散歩していると虫の鳴き声が聞こえてきた。
鈴虫が綺麗な声を響かせる。クツワ虫が騒がしい音を立てる。足を止め、虫の声に集中する。
強い風が吹くや、音が止まった。今日の演奏はもう終わりか…再び足を進める。
おや?河原からさっきとはまた違う音がする…これは虫の声か?それにしては綺麗すぎる気がする。
気になり、河原を覗き見た。驚いたよ。虫達が扇状に陣形を取り、楽器を手に演奏しているではないか。
指揮者のムカデが沢山の手で指示を出す。見事なものだ。
一匹の虫が私に気付いた。音が止み、虫達は蜘蛛の子を散らすように一目散に逃げてしまった。
しまった…近づきすぎだようだ…
虫達がいなくなった河原を見てみると小さな楽器が一つ転がっている。
これはトロンボーンか?よく出来ている。
月の光に当てて見ると、それは骨で出来ているようだ。若干魚の匂いのする楽器。これ、もしかしてマグロか?
公開:21/12/23 20:50

幸運な野良猫

元・パンスト和尚。2019年7月9日。試しに名前変更。
元・魔法動物フィジカルパンダ。2020年3月21日。話の流れで名前変更。
元・どんぐり三等兵。2021年2月22日。猫の日にちなんで名前変更。

コメントはありません

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容