種明かし

6
1

マジックというのは、物凄く見えるが大体の種というのは、至ってシンプルなものだ。例えば右手のコインが消えるマジック。右手のコインを素早く左手の中に隠す。するとあたかも右手の中のコインが消えたように見えてしまうのだ。実に単純明快だ。だが私には、どうしても彼のマジックの種が分からなかった。

「参った。参りました。降参です。ねぇ、どうやってるの?種明かししてよ」
「マジックの種明かしなんてするものじゃないよ。俺の唯一の特技がショボく見えてしまうだろ。だから絶対に教えられない」
「そこをなんとか!!お願い!!気になって夜も眠れそうにないわ!!」
「しつこいな。わかったよ。教えてやる。俺のマジックの種はな。本当に魔法なんだ。俺の一族は魔法使いなんだ」
「何よ、ケチ。結局教えてくれないんじゃない」

後に分かった事だが、彼は本当に魔法使いの一族だった。本当に魔法だった。それこそが種明かしだったのだ。
公開:21/11/25 15:36

Akiyu( 日本 )

カクヨムにも小説を投稿してます。
Twitterは@book_Akiyu

・SSG投稿作品500作品突破

・魔法のiらんど大賞2021小説大賞。大人恋愛部門。「彼女の作り方」が予選通過。
現在選考結果待ち。

・葉月のりこ様YouTubeチャンネル『ショートショート朗読ボックス』~ショートショートガーデンより~の動画内で、江頭楓様より『睡眠旅人』を朗読して頂きました。

・TapNovel週間人気ランキングで「明日、処女を捨てる」が13位にランクイン。

〇サウンドノベルゲーム版作品(全作無料プレイ可能)

・もう一度 君に会いたい
http://novelchan.novelsphere.jp/work/35539

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容