恋の矢

2
1

傷ついた天使を拾った。それは空から落ちてきたのだ。僕はそれを部屋に運び、手当てした。

「ありがとう。あなたは私が見えるんだね。私の姿は心の綺麗な人にしか見えないんだよ。そうだ、助けてくれたお礼にこれあげる」

それは弓矢だった。

「人間が言う恋の矢ってやつだね。これで射抜いた相手は、あなたに対するイメージがアップするの。異性はもちろん同性にも使えるよ」

貰った矢は、3本。誰に撃とうか。

あの時から5年が経った。僕は2本の矢を使った。一度目は大ファンだったアイドルの女の子に。おかげで僕は彼女と交際できている。2本目は大企業の社長に。僕はお金を援助してもらえるようになり、お金に困らなくなった。

残り1本。さてどう使ってやろうか。ククク。

天使が降りてきた。
「もっと矢をよこせ!!」
僕は天使に向かって最後の矢を放った。
矢が刺さり天使は消えて、恋の矢の効果も消えてしまった。
公開:22/01/26 10:11

Akiyu( 日本 )

カクヨムにも小説を投稿してます。
Twitterは@book_Akiyu

・SSG投稿作品800作品突破

・SSG「一瞬の夏」が急上昇ランキング1位を記録

・魔法のiらんど大賞2021小説大賞。大人恋愛部門。「彼女の作り方」が予選通過。

・葉月のりこ様YouTubeチャンネル『ショートショート朗読ボックス』~ショートショートガーデンより~の動画内で、江頭楓様より『睡眠旅人』を朗読して頂きました。

https://youtu.be/frouU2nCPYI


〇サウンドノベルゲーム版作品(全作無料プレイ可能)

・もう一度 君に会いたい
http://novelchan.novelsphere.jp/work/35539

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容