夜には花を/無題

2
2

姉は不登校だ。
基本的に自室に籠っているが夜になると街へ出る。
虹色のワンピースを着て。
寡黙で冷たい夜に恋をしているらしい。
学校にはそんな魅力はひとつもないのだそうだ。
なんとなく分かるような気がしてクローゼットの奥にしまった山吹色のワンピースを着てみたくなった。


-----------------------------


春を踏みつけて歩いた。
夏に首を絞められた。
秋になり去年かいつだったかに取っておいた哀切が騒ぎ出した。
冬は突然僕を抱き締めた。
雪が降る。
手が悴んで痛い。白く染る。
雪が溶けるように僕の身体も半透明になり溶けてゆく。
青春
公開:22/01/25 20:02

紺野真

いいね、コメント励みになります。

ソナーズ→https://sonar-s.com/authors/e52d74fd-2a36-4462-803a-d36559369275

Twitter→@mkonno_1113

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容