かくれんぼ

0
1

私が仕事帰りの公園のベンチで缶コーヒーを飲みながらひとり黄昏ていると。
みんな帽子を被った子供達に、かくれんぼしようよと誘われた。私は何だか嬉しかった。
「もういいかい?」
「まあだだよ」

子供の頃、逢魔が時を過ぎたら、かくれんぼしてはいけないよと教わった。神隠し。誘拐。人身売買に売り飛ばされるから暗くなったら帰っておいでと。
「きみ達もう日が暮れるから帰ろうね。お父さんお母さんも心配するよ」
「もう一回だけしようよ。ね。」
私はもう一回だけ鬼をすることになった。

「もういいかい?」
「まあだだよ」
「もういいかい?」
するとかわいらしい声が返ってきた。
「もういいかい?」

私は思わず返事してしまった。
「もういいよ」


足元に小石。
「ここは?」
「ここは賽の河原だ!」
地獄の奥底から聞こえてくるような低い声。頭に角の生えた鬼が金棒を持っている。あれが三途の川ということか・・・
ホラー
公開:21/08/11 23:10
かくれんぼ 神隠し 誘拐 人身売買 賽の河原 三途の川 ホラー 不思議 怪奇

前虎( https://mobile.twitter.com/mae10ra )

はじめまして。
前虎と申します。
作品を読んでいただけたら嬉しいです!
よろしくお願い致します。
「小説家になろう」さんにも掲載中です☆

 

コメントはありません

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容