10
14

この暑さの中、余りのも部屋が散らかり増々暑苦しいので、思い切って大掃除をする事にした。使わない物はこの際未練なく処分し、風通しも良くし涼し気な雰囲気を演出しようと頑張った。
最近の記録的な猛暑下を、大仕事をしたと言う満足感でいっぱいだったが、張り切り過ぎたか、頭からも汗がどんどんと吹き出しビショビショだ。
頭がクラッとして気が付けば、私は海の中を塩を吹きながら泳ぎ回る、潮吹きクジラになっていた。どんどんと塩を吹き出したため、私はナメクジの様に小さくなっていた。そこに変なオッサンが出てきて、玄関にナメクジが居ると大騒ぎしながら、台所から塩を持って来て私に掛けるではないか。

このままでは自分は消えてしまう、助けてくれーと叫びながらオッサンの顔を見上げれば、何と自分ではないか。
自分が私に塩を掛けるとは自殺行為だ、止めんかい、このアホがと一喝した。
暑さのせいか何が何やら、さっぱり分からん。
ファンタジー
公開:21/08/03 21:02

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容